投資信託

Thumbnail of post image 115

投資信託の「定期売却サービス」をご存知でしょうか?

SBI証券では2012年からサービスを提供していますが、楽天証券を始めとする他の証券会社も2019年末からサービスの提供を始めました。

分配型投信の分配金の受 ...

投資信託

Thumbnail of post image 169

「朝倉智也のファンドの視点」というYouTube動画をご存知でしょうか。

モーニングスター株式会社の代表取締役社長を務める朝倉智也氏が、6,000本以上あるファンドの中から毎回1本を選び、特徴やチェックすべきポイントを10 ...

投資信託

Thumbnail of post image 141

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を背景に、各国の株価指数は今年の3月に暴落しました(コロナショック)。

多くの投資信託においても、3月に基準価額が大きく下落しました。そして、翌4月には分配金を引き下げる毎月分配型投信の ...

投資信託

Thumbnail of post image 185

人気投信の「ひふみプラス」。コロナショックで3月に基準価額を大きく下げましたが、その後順調に回復し、6月10日には早々と年初来高値を更新しました。

3月の大きな下落の直前に現金比率を高めたことが奏功したようです。

コ ...

投資信託

Thumbnail of post image 038

2020年3月16日に野村證券において「野村スリーゼロ先進国株式投信」の取り扱いが始まりました。”スリーゼロ” とは、信託報酬、購入手数料、信託財産留保額の3つが全て無料(ゼロ)というもの。

ネット ...

投資信託

Thumbnail of post image 063

2020年1月から、一部の投資信託の分配金が微妙に増えていることにお気づきでしょうか? 理由は「投資信託等の二重課税調整制度」という税制改正が1月1日に施行されたからです。

この制度は、投資信託等が海外の資産に投資している ...

投資信託

Thumbnail of post image 155

投資信託には、日経平均株価やNYダウなどの指標(インデックス)をベンチマークとして、ベンチマークに連動する運用を目指す「インデックスファンド」と、ベンチマークを上回る運用成績を目指す「アクティブファンド」があります。

アク ...

投資信託

Thumbnail of post image 069

投資信託を購入する際に、できれば購入手数料が無料の「ノーロード・ファンド」を選びたいですよね。最近は購入者のコスト意識が高まっているので、ネット専業証券では取り扱いファンドの半数以上がノーロードになっています。また、投資信託の検索画面 ...

投資信託

Thumbnail of post image 035

80歳を過ぎている私の母が、先月(6月)に投資信託を解約しました。私が解約を勧めたからです。

母は2つのファンドを保有していました。一つは新興国債券に投資する毎月分配型のファンド。米ドル売り、ブラジルレアル買いの為替取引を ...