iDeCoの運用状況(2021年7月~)

2021年9月4日

SBI証券のオリジナルプランで運用しているiDeCo(個人型確定拠出年金)の2021年後半の運用状況(資産残高と内訳の推移)を月次で紹介します。

iDeCoの運用状況(2021年7月~12月)

スポンサーリンク

2021年8月の運用状況

資産残高(2021年8月)

2021年8月末のiDeCoの資産残高は前月末から増えました。前月(7月)の減少分を取り戻して、6月の残高を僅かに上回りました。

  • 運用月数:62ヶ月(2016年6月運用開始)
  • 損益率:+58.0%(前月から+2.2ポイント)
  • 年率換算リターン:+9.3%(前月から+0.1ポイント)
  • 資産残高の推移:下のグラフ
iDeCoの運用状況(2021年8月)
iDeCoの資産残高の推移 2021年8月末
(2016年6月を1.0とする)

資産内訳(2021年8月)

各資産の割合と、当初配分比率(資産クラス列のかっこ内の%値)からの乖離は次のようになっています。

資産クラスファンド名割合乖離
国内株式(5%)三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド4.9%-0.1%
国内中小型株式(5%)ひふみ年金5.0%0.0%
先進国株式(20%)DCニッセイ外国株式インデックス21.0%1.0%
海外REIT(10%)三井住友・DC外国リートインデックスファンド10.7%0.7%
先進国中小型株式(10%)EXE-i グローバル中小型株式ファンド10.1%0.1%
新興国株式(20%)EXE-i 新興国株式ファンド19.1%-0.9%
先進国債券(10%)野村外国債券インデックスファンド9.9%-0.1%
新興国債券(10%)三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド9.7%-0.3%
金(10%)三菱UFJ 純金ファンド9.7%-0.3%
各資産の割合と当初配分比率からの乖離(2021年8月末)

所感

資産残高は前月から回復したとは言え、まだ頭打ち感があります。9月も特に株式に関しては、パフォーマンスが冴えないというアノマリー(理論的根拠があるわけではないが、よく当たる相場での経験則)があるようなので、日柄調整を静かに待つ心境です。

来月末には予定通りリバランスをしようと思います。

スポンサーリンク