節約術

Thumbnail of post image 029

早期退職後に行った家計節約術の第二弾は、生命保険の見直しです(第一弾は カーシェアリングへの切り替え )。これにより、毎月の掛け金を15,780円節約することができ、年間で約19万円の節約になりました。詳しく紹介しましょう。

そ ...

節約術

Thumbnail of post image 065

早期退職後に速やかに実行した家計節約術がカーシェアリングへの切り替えです。これにより、年間約30万円の節約になりました。月に2万5,000円相当の節約になり、効果絶大でした。詳しく紹介しましょう。

きっかけは「バッテリー上がり」 ...

iDeCo

Thumbnail of post image 123

先日、iDeCoの運用状況を確認しようとSBI証券のサイト(SBIベネフィット・システムズ)にログインしたところ、「確定拠出向けファンドの信託報酬率引き下げについて」 というお知らせがあり、私の保有しているファンドの一つの信託報酬がう ...

投資信託

Thumbnail of post image 027

投資信託を購入する際に、できれば購入手数料が無料の「ノーロード・ファンド」を選びたいですよね。最近は購入者のコスト意識が高まっているので、ネット専業証券では取り扱いファンドの半数以上がノーロードになっています。また、投資信託の検索画面 ...

iDeCo

Thumbnail of post image 026

私の前職では社員全員が企業型確定拠出年金制度に入っていました。退職時に、私はこれをSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に移管して運用を続けています。

iDeCoのアセット・アロケーションについては「我が家のアセット ...

資産運用

Thumbnail of post image 187

私は長期で運用する資産を少しずつ取り崩しながら早期退職後の生活費の一部に充てています。このとき、取り崩す金額を上手にコントロールしないと、資産がすぐに底を尽きてしまいます。

取り崩し額と資産寿命との関係は、資産の運用効率や ...

投資信託

Thumbnail of post image 187

80歳を過ぎている私の母が、先月(6月)に投資信託を解約しました。私が解約を勧めたからです。

母は2つのファンドを保有していました。一つは新興国債券に投資する毎月分配型のファンド。米ドル売り、ブラジルレアル買いの為替取引を ...

資産運用

Thumbnail of post image 010

我が家では、資産を長期で運用しながらその一部を少しずつ引き出して退職後の生活費に充てています。その際に、分配型投資信託やSBI証券の投資信託定期売却サービスなどを利用しています。また、iDeCo(個人型確定拠出年金)についても、SBI ...

資産運用

Thumbnail of post image 131

私は長期で運用する資産の一部を少しずつ取り崩しながら、退職後の生活費に充てています。その手段として、分配型投資信託やSBI証券の「投資信託定期売却サービス」を利用しています。

分配型投資信託を利用して、運用しながら資産を「取り崩 ...

資産運用

Thumbnail of post image 167

我が家の家計収入においては、今のところ「長期資産運用による収入(取り崩しながら運用)」が比較的大きな割合を占めています。また、その際に利用している商品は「分配型投資信託」です。

資産を「取り崩す」というと、マイナスのイメー ...